スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

閑話休題

2012.09.06 Thursday | by staff ロク

9月に入って涼しくなるかと思いきや、夏と変わらぬ暑さに止まらない汗を必死でぬぐう毎日を過ごしいるスタッフのロクです。
夏休み、いかがお過ごしだったでしょうか?
私は色々な事をしすぎて記憶にないです。というか夏休みがないです。

さて、9月ですが、住友は大忙しですよ!
週末は徳島へ行き、戻ってきて作曲。をひたすら繰り返すようです。
先日も収録があったのですが、まだ今月はあと2本も…!
こちらの情報も近々公開できるかと思いますので、ぜひお待ちくださいね〜。

それと皆様にお知らせです。

現在絶賛放映中の東野圭吾ミステリーズですが、
こちらについての質問が多くなってきましたので少し説明させていただきたいと思います。

東野圭吾ミステリーズですが、住友が担当しているのは中井貴一さんのナビゲーションパートのみになります。
曲名はズバリ『東野圭吾ミステリーズ メインテーマ』
こちらはサウンドトラックの発売予定がない為、現在は映像でお楽しみいただくしかありません…

本編に使われている曲に関してはノータッチでして
各パートの音響さんが選曲されたものと思われます。
挿入曲の多くは著作権が発生しない特殊なライブラリーからのものだそうで、作家の名前なども一切記載されていないそうです。

今回は一話完結ですべて監督もキャストも違うという事ですので、きっと選曲も難しいのだと思います。
そんなスタッフさん達の協力によって、素晴らしい作品が作り上げられるんでしょうね…。
ご視聴いただいてる方は、ぜひ引き続きお楽しみくださいね〜。

それと映画の話題ですが
みなさん注目の

『アシュラ』

公開まであと2週間と迫ってきましたね。
各国の映画祭で話題になっているようで、日本での公開が楽しみです。
果たしてアニメの革命児となるのか・・・!?
公式ツイッターなどもあるので、ぜひ皆さんもフォローしてみてくださいね。

さて、ではちょっと日頃の話題を。
先日巷で話題のガリガリ君のコーンポタージュ味を食してみました。

これです。



感想を言うのであれば
ガリガリくんっていうより
シャリッモシャァくんでした。
私は割と普通に食べれましたが
感じることは、人それぞれです。
みんな違ってみんないいんです。

食欲の秋という事で、興味とチャレンジ精神のある方はぜひ挑戦してみてくださいませ。

では、次回の更新までお待ちください。

安眠のない熱帯の夜

2012.07.19 Thursday | by staff ロク


気づけば7月も3週目、暑さも増し増しになって、夜突然目覚めるようになってまいりました。
スタッフのロクです。
3連休いかがお過ごしだったでしょうか?
私は外で立ちっぱなしのバイトをしておりました。
暑さのせいか、途中で幻聴が聞こえてきて危なかったです。
でも色々な人や虫と出会い触れ合う事ができたので楽しかったです。そんなもんです。

まず最初に、前回の記事でご質問をいただいたので住友から返答をもらってまいりました。

『曲のタイトルはズバリ、"東野圭吾ミステリーズ メインテーマ"で、残念ながらこの作品のサウンドトラックは今のところ発売されそうにありません。
後日発売されるであろうDVDでお楽しみいただくしかなさそうです、ゴメンナサイ。』

との事です。麦畑さんご質問ありがとうございました!
質問の内容に関しては、コメント欄をご覧くださいませ。
しかしサントラが発売されないとは残念ですね・・・というかもったいない!!!

さてさて皆様、東野圭吾ミステリーズ第二話
「犯人のいない殺人の夜」
見ましたか?もちろん見ましたよね!ね!?

という事でこれまたおっそろしーお話でしたね。
感想というか教訓を一言でいうならば

ご利用は計画的にね

という感じです。
女性の家に侵入しているシーン等にうわーって思いましたが、それでもかっこいいと思ってしまう所が、イケメンすごい。
家族役の皆様も生々しい演技で、こちらもぞわぞわしました。
情緒不安定の男の子はめっちゃ被害者じゃないか・・・って思いました。女って怖い。

あ、それとどうしてもツッコミたいところが。

なぜとってのない紙袋にリンゴを入れてるんだ…!

CMとかでもあるんですが、持ち手のない紙袋持ってる人見たことないですよ…ここが埼玉だからですか?
それともおしゃれスーパーだと紙袋なんでしょうか・・・謎は深まります。

謎と言えば、ナビゲーターの中井さんの事件も気になってまいりました。
あの事件は最終回にならないと解明されないんでしょうか…気になりますねー。

と今回も楽しませてもらいました。次回も楽しみですね!

では、次回は目黒でのライブのレポートになります。お楽しみにー


アンフェア音打ち合わせ

2011.06.11 Saturday | by staff hikari

こんにちは、スタッフHikariです。

昨日は、アンフェア音打ち合わせでした。
住友スタジオに、監督やプロデューサーを交えスタッフ総勢12名!

この日は、映像に住友が打ち込んだ音楽を重ね合わせ、
頭から確認しました。
音を入れるタイミング等も、細かくチェック。
慎重に、綿密に、時には和やかに。

アイデアを出し合い、その場で住友が手を加えることも。
レコーディングまであと僅か。
ここから更に進化いたします!

今回の『アンフェアthe answer』も
かなり巧妙な作りとなっております。

アンフェアファンの方も、アンフェアをご覧になったことのない方も
楽しんでいただける作品となるよう、
スタッフ一同頑張っております!
どうぞお楽しみに。


『夜明けの街で』公式サイト
http://www.yoakenomachide.jp/がオープンしております。
こちらも、チェックしてみてくださいね。


GW突入。

2011.04.29 Friday | by staff hikari
こんにちは、スタッフHikariです。
巷はGW!皆様いかがお過ごしですか?

5月はレコーディング目白押し。
しばらく住友には休みがありません。
今後、皆様にお届けできる作品が多数ありますので、
どうぞお楽しみに




真剣に作業している住友。
と、卓の上でリラックスしているのは、猫のリリ♀。
普段から良い音楽を聴いて、耳が肥えているようです。
勝手にフェーダーをあげたりさげたりしている時もあります。笑

もう一匹トト♂という猫がおりますが、
彼はスタジオ出没率が低い模様です。
どちらもソマリという、アビシニアンを原種とする長毛種です。

「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展へ。

2011.04.13 Wednesday | by staff hikari
こんにちは、スタッフHikariです。
皆さま、いつも温かいコメントをありがとうございます。
住友は徳島から帰京後、すぐに映画の作曲に!
スタジオに缶詰状態です。


というわけで、
先日、六本木の美術館へ行ったときのことをお伝えしてみようと思います。
企画展「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展です。





日本を代表するデザイナー・倉俣史朗(1934.11.29 - 1991.2.1)と
イタリアデザイン界の巨匠 エットレ・ソットサス(1917.9.14 - 2007.12.31)。
深い友情を育みながら、
夢や希望を探求し、生活に驚きや喜びをもたらすデザインを創り出しました。

「デザインとは何なのか」

会場では、倉俣さん本人が出演している映像ドキュメントも流れていました。
「良いものを作ろう、作らなきゃ、と思うと、それは最後には
めちゃくちゃなものになっている。
だから、いつでも自然体で自由な精神でいることが大切」だと言っていました。
形だけにとらわれてしまうと、それはデザインでなくなってしまう・・・。

国境を超え、180以上のプロダクトデザインを手がけてきた倉俣さん。
会場には、『デザインのないデザイン』が無数存在していました。
ひとつひとつを見ても、圧倒的な存在感のあるテーブルや椅子、照明・・・
機能も大事だけれど、それ以上に、夢や希望に溢れていました。
それはもう、デザインの概念を変えてしまうほど。
モノの本質を見極めているからこそのデザインだと感じました。

たとえば「割れガラスのテーブル」。
ガラスがもっとも美しいのは、割れた瞬間。
それをデザインにできないか、と考え、
ひび割れたガラスを2枚のガラスで挟み封じ込めるデザインを考え出しました。
照明が反射して、キラキラと輝いていて、とても美しい。





倉俣さんは、「感性こそ総括された愛なのではないか・・・」と言っていました。


日々ゼロから作曲する住友にも通じるものが。
普段心がけていることは、自分の理想に忠実に、
それを実現するために努力すること。
健康や精神状態の管理をしながら、
出来るだけストレスをためないような日常生活を送ること。
私が学生時代、インタビューをした際の住友の言葉でした。


「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展は
21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)にて
5月8日(日)まで開催中。

タイトなスケジュールを乗り切る!

2011.03.25 Friday | by staff hikari
住友sax!.jpg
こんにちは、スタッフHikariです。
夕方事務所へ行き、ハードディスクをスタジオに届けてまいります。

明日からドラマ『グッドライフ』のレコーディングですが、
今日になり急遽1曲追加することになりました!

住友は今頃、花粉と闘いながら、粉骨砕身曲作りをしているはず。

私は少し時間が空いたので、iPadでも見にいってこよう。

レコーディングの模様についてはまた後日!

近況。

2011.03.23 Wednesday | by staff hikari
こんにちは、スタッフHikariです。

まだ余震が続くなか、20日は某CMのレコーディングでした。
住友はアレンジ、ピアノで参加しています。
何テイクか重ね、画を見ながら15秒、30秒、1分Ver…とチェックしていきます。
音楽が引き立つCMに仕上がりそうですよ。
詳細は、また後日。
どうぞお楽しみに!


現場でも話題になりましたが、今はなんでも自粛ムード。
節電しなきゃ、被災地の方々が苦しんでいるのだから私も同じ気持ちを味わおう…
とても大切なことです。
しかし、それだけでは解決に繋がりません。
市場を活性化させなければ、苦しんでいる人達も助けられないのです。


音楽も然り。
癒し系の音楽も良いけれど、
テンションが上がるような、ノリの良いのも必要とされているような気がします。


住友は、4月19日火曜夜10時スタートのドラマ
『グッドライフ』の曲書き真っ只中!

公式HPはこちら。

と同時に、花粉症もピークのようで、見ていてとても可哀想。
「あれこれ試したが今年の花粉はだめだ。」
と、本人が申しております。
どなたか花粉症対策にお詳しい方がいらっしゃいましたら、
どうぞお助けくださいませ。

今月は怒涛のレコーディングが続きます。
みなさまにお届けできる日が楽しみです。




今日の一枚。




3/22朝、都内某スーパーにて購入。
茨城県産野菜の見納めか?!

食べられない被災地
飢餓に苦しむ国々
健康被害はないとしながらも廃棄処分にする国・・・
何かおかしい。


みなさま大丈夫でしたか?

2011.03.12 Saturday | by staff hikari
国内最大規模という今回の地震。

東京でも酷く揺れ、
我が家も落下物に見舞われましたが、
被災地の状況をテレビで目のあたりにし、
いたたまれない気持ちでいっぱいです。

今はとにかく、被災地の方々へお見舞いを申し上げると共に、
1日も早い救済と復興を願っています。

どうかひとつでも多くの命が助かりますように。
まだ余震は続き、
津波、原発事故と不安はつのりますが、
心から皆様のご無事をお祈りするばかりです。



2011.3.12

Happy Birthday!!

2011.02.27 Sunday | by staff hikari

皆様こんにちは。スタッフhikariです。

本日27日は、住友紀人の記念すべき誕生日です!!




甘いものはご法度でした。
というわけで・・・!

グラフィック0227.jpg










只今『源氏物語』の曲書きが佳境に入っております。
いつも皆様のご声援に感謝しています。
これからもよろしくお願いいたします


良いものは時代を超えて・・・

2011.02.16 Wednesday | by staff hikari
先日、東京でも大雪が降った日、
渋谷シアターコクーンで上映中の舞台「ミシマダブル サド公爵夫人」
を観にいってきました。

今年は三島由紀夫没後40年、ということで
世界的演出家・蜷川幸雄氏×三島由紀夫が実現。

私は個人的にも三島文学に興味を持っているのですが、
蜷川氏が学生時代の恩師である上に、
この舞台に、住友が音楽を担当する映画「源氏物語」でも共演している
生田斗真さんと東山紀之さんが出演していることもあって、
タイムリーな鑑賞となりました。

舞台「サド公爵夫人」の膨大な台詞の量。
凛として強く生きる美しい女性の姿。
その裏にある人間の弱さ、邪悪さ、愛・・・。
とても迫力ある3時間半の舞台でした。
当日、立見席までも入手困難という人気公演。
お二人の熱演も観ることができて、
「源氏物語」の公開が今から楽しみです。


そして、なんと言ってもこの時期の話題はGrammy Award!
毎年ものすごいショーをみせてくれますが、
今年も負けず劣らず。
パフォーマンスは素晴らしいものがありました。

私が生まれる前から、スーパースターだった
JEFF BECK やLARRY CARLTON、MICK JAGGERも
圧巻でした。

あらためて考えてみると、私はいつも、
自分が生まれる前から大活躍されている素晴らしい先輩方と
共に仕事をさせていただいていることに気づきます。
今の時代の人たちとはひと味もふた味も違う、深みとパワーを感じながら、
この恵まれた環境に感謝しつつ、
これからも仕事に邁進していきたいと思います。





本日、偶然ライブラリーで見つけた、
伊東たけしさん(T-Squareサックス奏者)のCD。
1992年リリースの「VISIONS」です。


若き20代の住友紀人が、
フィリップ・セスとプロデュースした傑作。
住友自ら作曲した[GAIYA]は本当に名曲です!
全曲にわたり、EWIやテナー・サックスで共演&怪演し、
才能を遺憾なく発揮しています。
機会がありましたら、ぜひお聴きください。
住友のプロデューサーとしての才能も、
痛感させられる名アルバムです


良いものは時代を超えて、語り継がれるもの・・・