<< 『ゆりちかへ ママからの伝言』収録現場レポート | main | Happy Birthday!!! >>

スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

Tokushima Musicans' Fes.

2013.02.20 Wednesday | by やまち/山本光春
初めて訪れたフィレンツェは観光オフ・シーズンとはいえアメリカンはもちろん、近年その他に類例のないファッション・センスと型破りな地声の大きさで異彩を放つチャイニーズなどでにぎわっておりました。

ただ、フィレンツェそのものは特に目新しさのない、そういう意味ではこの世のどこのもない美しい街でありました。
フィレンツェ風景
街の中心を流れるアルノ川です。

わざわざ「食事」に行ったのですから簡単に申しますと、行ったことのあるローマに比しては「田舎的」、ヴェネツィアに比すれば「魚介類を多用しない..要するに肉、肉、肉」ということになりましょうか。

イタリア料理には思いのほか辛口なレッド・ミシュランで唯一の三ツ星「エノテカ・ピンキオーリ」では約20皿の料理が供されるセット・メニューをいただきました。

二つ星店は1軒もなく、一つ星ですらたったの2軒しかないフィレンツェで長年に渡って美食の殿堂として孤高の地位を堅持する当店の接客や内装にはココロを打たれました。

ただ、カンジンの料理はそのプレゼンテーションはともかく味わいはあくまで強く重く、ローマの三つ星店「ラ・ペルゴラ」の「洗練」の足元にも及ばぬものでした。

エノテカ・ピンキオーリ
これはデザート後のいわゆるミニャルディーズですが、このようにスタイルはなかなかのものなのです。

食べてばかりではありません。
ピサの斜塔
ある日の午後にはピサまで行ってこんなことしてきました。

アホなことばかりしておりますと、スミトモが「早(はよ)う帰ってこい、フェスじゃフェス!」と電話口で雄叫びをあげましたので文字通り飛んで帰ってまいりました。

うまい具合に帰国しました2月11日の徳島新聞の朝刊にこのような記事が掲載されておりました。
徳島新聞tmf合格者2名
応募された多数の音源などを住友が審査して見事にTokushima Musicans' Fes.(以下TMF) に出演が決まった徳島在住のおふたり、松坂伸哉さんと中山由依さんです。またしても岡田麻衣記者の記事じゃな。

15日には住友もいつもの早駕篭で帰ってきましてラジオ2本に緊急生出演しました。
ran ran  rumble
FM徳島「Lan Lan Rumble」ではパーソナリティの吉岡美穂さんと。

FMびざん2/15
FMびざん「Sunnyside of the Street」ではいつもの面々と。住友が住友のクローンみたいな顔になってます。

「徳島人」3月号
徳島のタウン誌「徳島人」3月号には、昨年末の「Tokushima Key Persons」収録時(放送は1月5日)に書いた「10年後への自分へのメッセージ」が載ってます。


さて、今回のTMF、ここでいきなり本編のご紹介に参ります!

2月17日(日)16時あわぎんホール、司会の小川もこさんの紹介でまずは住友がこの日のためだけに結成した住友紀人TMF グレイテスト・バンドが登場し2曲を披露。

住友(Sax、EWI)のほかに、天野清継(Gt)、コモブチ キイチロウ(Bs)、鶴谷智生(Dr)、小野塚晃(Pf)そして下神竜哉(Tp)という大胆不敵な布陣であります。

そしてまずは徳島組から。
中山由依
中山由依さん。
「知り合いにひとりいるとても歌がうまい子」というようなレベルじゃない。
すでに「表現者」としてスッと舞台に立っている、その凄み。
住友よ、よくもこんな末恐ろしい子を選んだな。

松坂伸哉
松坂伸哉さん。
天野清継(右)とFride Pride の横田明紀男(左)の両巨頭にはさまれて終始満面の笑顔でいかにも愛おしそうにギターを奏でる姿が会場を和ませるのにそう時間はかかりませんでした。演奏直後「今日、世界でいちばん幸せです」とおっしゃったのが印象的でした。

そしていよいよプロフェショナルの部に突入します。一番手は、やないけいこ。
やないけいこさん事務所推薦
3歳でヴァイオリンをはじめて小6から中3までイギリス生活、慶応義塾高等部から同大学へ、曲によってはヴァイオリンや鉄琴を弾きながら自作を歌う..と、ニホンから一歩も出ずネットばかりしているような「若者」とは明らかに異なる素性がそのパフォーマンスから滲み出ていました。時として突き抜けるような強さがかいま見られ、我々を妖しく挑発します。(写真提供 鷏グラウンディングラボ)

続いて前田優子がステージへ出てきますと空気が一転。
前田優子
ブラジル、そして彼の地の音楽への愛情が静かに空気を伝ってくるのがわかります。「歌を歌う」ということの楽しさが伝わります。肩や腰の軽やかななにげない動きに彼女の人生がチラチラとうかがえ、なぜか涙腺が揺るみました。

3番手は徳島でもファンが急増中のFride Pride のふたり。
shiho
たぐいまれなる歌声と、徳島県民を震え上がらせる客いじりで会場をヒートアップさせたヴォーカルのShiho。

住友他4人
住友がステージ中央に出てきてFPの横田、コモブチ(右)とバトル。後ろはご存知住友の盟友、鶴谷智生。

小野塚、下神、横田
小野塚晃(左)と下神竜哉(右)の間で超絶ギターを披露する横田”リーダー”明紀男。

fp 拍手
この日いちばんウケたのはShihoが横田に問いかけたこのセリフ。
「やっぱバンドっていいな〜、ねぇなんでわたしたちふたりでやってんのぉ〜?」
..って、知らんがな!

トリは岡本真夜でキマリ。
アンコール 全員
アンコールではおなじみの「Tomorrow」を出演者全員で。

アンコール 3人
誰でも歌える曲ですから。

アンコール 5人
岡本真夜のもつ華やかさはこの公演に大きな色合いを添えてくれました。
司会のもこさんも歌ってます(左)。

アンコール 左から
住友が本格的にプロデュースを手がけたTMF第1弾、おかげさまで無事に終えることができました。

集合写真
終演後、楽屋前での集合写真。あぁ、みんなええ顔してくれてるなぁ、よかった。


「心待ちにしていたコンサート、胸を高鳴らせながら会場に...特別な時間を特別な人と...」
これが住友がこの公演に向けて寄せた想いです。

来年もやりますのでどうかお楽しみに!

次回ブログは「TMF おまけサーヴィス編(仮題)」をお届けするぜ。やまちブログ御愛読者ならだいたいの内容の予想はつくであろう、わっはっは!


追記

★当ブログ常連”二胡界のマリア・シャラポア”こと野沢香苗さんからコメントをいただきました!(2/20)

★「のりすけ」こと住友紀人本人からもみなさまに向けてコメント来ております!

●「...どうかご忌憚のないご意見をお聞かせ下され」(2/20)
●「例えば今が旬のアーティストを一人か二人連れてくればそれも簡単なことなのだと思います。しかしそこにこそ、この業界が抱える大きな落とし穴があると考えます」(2/22)

とのことですので、ぜひご意見をお寄せ願います。
当ブログは住友にとって耳に痛いことを優先して取り上げます。

★おお!前田優子さんキタ-----------------!!(2/21)

★4/5中山由依ちゃん!!


最後に前田優子さまご提供のお写真を。

スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
本当に感動!感動!感動しっぱなしのステージでした☆
会場全体で音楽を感じ、楽しめたフェスだったなぁと今でも余韻に浸っております(*^^*)

あと、ブログでお写真を拝見してましたら、曲がりなりにもカメラマン魂が燃えてきました!笑
もし次に徳島でこういった舞台がありましたら、勉強で撮影させて頂けませんか??
厚かましいお願いですが、ご検討頂ければ幸いです!!
  • Asano
  • 2013/02/20 11:43 AM
いやーフィレンツェから始まり、またまた内容の濃いブログ記事で楽しませていただきました。ライブの楽しそうな雰囲気が伝わってきて、いいですね!!
最後の「住友細太」に、うっかり吹き出しちゃいました。
  • 香苗
  • 2013/02/20 11:45 AM
徳島ミュージシャンズフェス、本当に楽しいステージでした。住友さんの素敵なお人柄がよく感じられる出演者の皆さんでした。色んなジャンルの超一流でハートフルなパフォーマンスに感動しました!また来年も必ず見に行きます。山本氏もアップありがとうございました。
  • 藤川卓司
  • 2013/02/20 12:13 PM
Asanoさま

コメント一番乗りありがとうございます!

ボクはいつもボロカメラを使用していますが「弘法、筆を選ばず」の言葉を信じて撮ってます。写真には実はボク自身が写ってるのだから撮る人間がしっかりしないとどうしようもないですよね。

もちろん、住友一座の撮影部にご入会ください!また連絡します。
  • やまち
  • 2013/02/20 12:19 PM
(野沢)香苗さま

お忙しいところコメントありがとうございます。

香苗さんもいずれ参加してくださいね!
  • やまち
  • 2013/02/20 4:30 PM
藤川卓司さま

コメントありがとう!

見にきてくれてたんですね、これからも応援してください。

曽我部くん、薮内くんにくれぐれもよろしくお伝え願います。
  • やまち
  • 2013/02/20 4:32 PM
いやあ、正直疲れ申した。しかしながら皆さんのお力添えもあり疲労感を達成感が上回り申した。感謝に耐えませぬ。今回の教訓を来年以降のTMFに反映させ、徳島のスタッフと手を携え、更に楽しく感動的なイベントにして行く所存でありますゆえ、どうかご忌憚のないご意見をお聞かせ下され。宜しくお願い致しまする!!
  • のりすけ
  • 2013/02/20 5:12 PM
ほう、のりすけか、あいもかわらぬ「なんちゃって武士言葉」痛み入る。

「次」があるからこそ進歩がある。

虚心坦懐に歩を進めて行こうではないか、のう、のりの字よ。
  • やまち
  • 2013/02/20 8:14 PM
ええな。
  • 世郎
  • 2013/02/20 8:40 PM
世郎(浅井)さま

ええだろ、わりと..
  • やまち
  • 2013/02/20 8:55 PM
最初から最後まで、会場の人たち全員がひとつになって、楽しみ感動したステージ、ありがとうございました。
フィレンツェ帰りのやまちさん、時差ぼけもなくさっそくの楽しいブログも楽しませていただきました。
  • とみー
  • 2013/02/20 10:41 PM
とみーさま

このたびもいろいろと…なにもせず、なにも言わず…ありがとうございました。


次回の「おまけ編(仮題)」には写真載せるよ。
  • やまち
  • 2013/02/20 11:53 PM
本当に素晴らしいフェスでした。出逢う方、全ての暖かさに感動致しました。これをご縁にまた徳島で歌い、もっともっとブラジル音楽の魅力を伝えていきたいです!お会い出来るのを楽しみにしております!
iuko.m こと前田優子さま

このたびは住友はもちろんのこと、あろうことか私の老母までがお世話になりほんとうにありがとうございました。

本文にも書かせていただきましたが、優子さんのパフォーマンスにはなんとも言えぬ哀愁があり感涙寸前でした。

これからもおつきあいが続きますように..!
  • やまち
  • 2013/02/21 3:05 PM
久しぶりに感動しました。魂の洗濯ができた気がします。
私は、前田優子さんのHOMEが大好きで、生で聞くのは二回目ですが前回同様、涙が止まりませんでした。レコード(ごめんなさい、CDでした)はよく聞くのですが、やはり生はいい。魂の洗濯ができます。フライドプライドも最高でした。一緒に行ったスタッフは感動で感動で。でも最初はフライド・プライドのファンで行ったのが、すっかり住友君のファンになっています。帰りのロビーでCDを買いあさりをしていました。
やないけいこさんも素晴らしい歌声で、よねぴーはCDを7枚も買ってみんなに配りました。そのCDを販売されていた、マネージャーの腰の低さに脱帽です。


ただ、最後に非常に残念だったのが。あれだけ素晴らしいゲストの演奏だったのに、会場が満杯でなかったことに、県人として恥ずかしかったです。もっと事前にPRの仕方があるのではと疑問に感じました。徳島県人の音楽レベルと教養を高めるために、音楽ホールを建設する前に、もっとすることがあるのではと思ってしまいました。

それぐらいすばらしいゲストと演奏でした。鶴谷さんの腰の低さにも、さすが住友君の盟友と思うことがありました


最後にやまぴーお疲れ様でした
  • よねぴー
  • 2013/02/22 4:58 PM
よねぴーさま

Home(Casa)は住友のウラ代表作とも言うべき佳曲ですね。Fried Prideはどなたも絶賛されてます。やないさんのマネージャーさん、2人来徳されてましたがニコニコと謙虚な方々でした。鶴谷さんも、長年にわたって住友を支えてくださった方です、他人とは思えません!

それから、後半のよねぴーさんらしいご指摘ありがとうございます。いちいち、ごもっともです。宣伝、広報にはもっと力を入れて参ります。
  • やまぴーこと、やまち
  • 2013/02/22 5:52 PM
よねぴーさん、為になるお言葉有り難うございます。僕達ステージ側の人間にとって集客とは永遠のテーマです。それが今回、宣伝等の不備もあり必ずしもうまくいったとは言えない結果ではありました。TMFは今回で6回目だそうですが、ご存知のとおり今年から全く新しいコンセプトで生まれ変わりました。そういう意味では今年が第一回目。「僕が常日頃から大切にしている素晴らしい演奏家達を徳島の人々に紹介したい」その一念で始まった企画です。この気持が徳島の皆さんに伝わり、そして浸透した時に会場は初めて満席になるのだと思います。例えば今が旬のアーティストを一人か二人連れてくればそれも簡単なことなのだと思います。しかしそこにこそ、この業界が抱える大きな落とし穴があると考えます。今が旬と言うことは逆に言うと期間限定と言うこと。僕はこのTMFを、いつの世にもいい音楽を提供できる本物の演奏家が集う普遍的なイベントにしたいのです。今回やってみて凄くたくさんの教訓を得ることができました。これはとても尊い経験で、必ずや来年以降に反映される事でしょう。どうかご期待下さい。そしてご忌憚のないご意見をもっともっと聞かせて下さい。
  • のりすけ
  • 2013/02/22 6:32 PM
のりすけ様、やまピー様、コメントに対するお返事ありがとうございます。非常に感動しました。
私は、音楽に関しては全くの素人です。でもいいものには感動し、魂に響くものがあります。なかなかコンサートに行けない私が偉そうなことは言えないのですが、本当にいいものを聞けば、必ず次も行きたくなる。それが本物だと思います。これは音楽以外のことでも同じだと思います。
今が旬のアーティストを連れて来るのは、のりすけ様は簡単なことだと思います。でも、本物が来るからこそ長くこの企画は続くのだと思います。


変なたとえですが、丸美やののりたまは、華やかさはないけれど永遠にふりかけの王道ですよね。TMFを徳島ののりたま、世界ののりたまにできるように。県人の一人として頑張るので、これからも刺激を与えてください。

やまぴーありがとう
  • よねぴー
  • 2013/02/22 9:11 PM
よねぴーさま

冒頭の「のりすけさま、やまピーさま」で笑ってしまうのは置いといて..「丸美やののりたま=スミトモ」論は傾聴に値すると存じます。

同時にボクは「多店舗展開しない真っ当な料理屋=スミトモ」論もアリだと考えます。

こうしてみなさまが住友のことを親身に考えてくださり、我々も背筋が伸びる思いです。

本文にも書きましたが「住友の耳に痛いことをこそ直言していただきたい」これが、このブログの真髄であります。

御礼申しあげます。
  • やまぴーこと、やまち
  • 2013/02/22 9:21 PM

徳島ミュージシャンズフェス最高でした☆☆☆
興奮が止まりません。やまちさんありがとうございます。住友紀人さんにお会いできることができ感動いたしました。
生で聴く住友さんの音楽本当に素晴らしいですね。
来年も再来年も期待大・大・大です
(*^_^*)




  • まゆりん
  • 2013/02/23 1:44 AM
まゆりんさま

そうです「生で聴く」これが醍醐味!

来年も再来年もどうぞおこしください!!
  • やまち
  • 2013/02/23 10:37 AM
住友さん、やまちさん、出演者、スタッフの皆様方!
大変お疲れ様でした!
パワフルなコンサート☆
強力なエネルギー放出~光と音のシャワー~魂の波動それらを体感して…落雷に撃たれたかのごとく数日間しばらく放心状態でした。
ビッケビックリハハヒックリカエル(^-^)
  • ビッケ
  • 2013/02/24 8:36 PM
ビッケ ことフシギ系ピアニストさま

「落雷に撃たれ」ても生存しているところが、さすがにフシギ系&#9836;

打ち上げではサービス担当、お疲れさまでした!

今後ともサポートよろしくお願いします。
  • やまち
  • 2013/02/24 10:39 PM
この紹介のお言葉
ほんっとーにうれしいです...

ありがとうございます!!(>_<)☆
中山由依さま

ボクのあの由依ちゃん紹介コメントは渾身の作です。

あれ以上の言葉が要らないほど簡潔に、贅肉そぎ落として書きました。

その気持ちがご本人に伝わってウレシいです。
  • やまち
  • 2013/04/05 10:23 AM
Add Comment