<< ユメノマーニ 矢幅歩Birthday Live | main | 5月のお知らせ >>

スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

『ドラゴンボールZ 神と神』収録レポート 後編

2013.05.02 Thursday | by staff ロク
おっす、おらスタッフのロク!(一度はやっておいた方がいいと思ったので)
世間ではゴールデンウィークというやつですね。
hikari先輩も復活し、ブログもにぎやかになってまいりました。
そして先日私一つ年を重ねました。一年本当にあっという間でございます。

という事でドラゴンボール収録レポート後編いってみましょう!

休憩が終わった後は声の収録でした。
声というか歌というかコーラスというか…こちらは合唱とはまた別の収録になります。
皆さんおなじみの
「CHA−LA−HEAD−CHA−LA」
や、映画を見た人はわかると思いますが、ベジータさんのとてつもないシーンのバックの歌を録りました。
その時にビブラート(音を揺らすこと)の話になりまして
影山さんのようなビブラートを「影ラート」と呼んでいらっしゃるのを聞いて、確かに歌手の皆さんのビブラートってそれぞれ特徴があるなぁと思いました。不思議ですね。

そしてベジータさんのとてつもないシーンは、私は腹筋を震わせながら、頬の筋肉を最大限に緊張させながら見ていました。
映画館で真正面から見たら笑い転げてしまうと心配になりました。いや本当に。
とても頭に残るメロディーで、思わず帰り道口ずさみそうになりましたが、まだ映画の情報が全く公開されていない時期だったのでこらえました。とても大変でした。

写真 5 (5).JPG

コーラスの山田さんと石原さんです。とても良い笑顔をしていらっしゃいます!

そして次はサックスの収録です。もちろん吹くのは

写真 4 (5).JPG

作曲家本人です!
そして収録はまさかの2音で終了。
かつて今までにこんな短い収録はあったでしょうか…
この後にピアノの収録も控えている住友は「楽団ひとり」と呼ばれていました。私もいろんな意味で劇団ひとりです。

そしてこの次は合唱です。

写真 1 (4).JPG

この時初めて合唱の収録に立ち会いました!
劇版、特にアニメで合唱の入るシーンは熱いシーン、緊迫したシーンなどですが、まさにそれでした。
モニターには主人公の悟空と破壊を司る神、ビルスとの戦闘シーン。
この日一番の興奮はここでしたね…気付かれぬよう静かに興奮しておりました。

写真 2 (3).JPG

というのもこの時モニターに映されているのは、みなさんが実際に見ているアニメの状態ではなく、原画と動画の状態なのです。
原画、というのはいわゆる線画の状態のものです。線は主に鉛筆、影の部分は色鉛筆などで分けられたりしています。色は塗られておりません。
しかも今回の映画の作画監督は山室直儀さん…山室さんと言えばドラゴンボールです。他にもたくさんありますが!
この辺りを多く語るとそれだけで終わりそうなのでやめますが、私は爆発やそれによって立つ煙や水しぶきの水の作画を見るのが大好きなので、本当にもう胸が熱くなりましたね…
戦いのアクションもさることながらもう…この上なく幸せでした。

写真 5 (3).JPG
写真 3 (3).JPG

更にそれを熱くさせる合唱…たまりませんね。

写真 1 (3).JPG

東京混声合唱団の皆様お疲れ様でした!(たくさん写真を撮らせていただきました!ありがとうございました!)

そしてやってきましたピアノの収録。

写真 2 (4).JPG

相変わらずさらっと引いてしまう住友です。
1曲で収録は終了…どこで使われているのかは要チェックですよー!
この後はハーモニカの今出さんの収録でございました。
ハーモニカってすごいですね…あんなに色々な音が出るものなのですね。
しかし私写真を撮るのを失念してしまいまして…申し訳ございません。

写真 3 (4).JPG

次はベースの収録です。
演奏しているのは山本さん。
鶴谷さんのご紹介で、1月にあった白鶴山ライブの山というのは、山本さんの山なのです。
そして山本さんは現在アメリカに留学中で、住友も通っていたバークリー音楽院に在籍中だとか。
住友に言わせると将来間違いなく日本の音楽業界を牽引していく存在とのこと。
そして留学という事は年下なのです…ヒェー!若さがとても眩しかったです…

この次はおなじみ鶴谷さんですよ!
叩いているのはボンゴです。

写真 4 (4).JPG

なぜか私がアイフォンのカメラを向けるとこの顔になる鶴谷さん…

写真 5 (4).JPG

エンジニアの中村さんもご一緒に(笑)
こんな感じでいつも収録をしております。

ベースは3曲、ボンゴは1曲とさくさく進んでいきます。
そして最後はエレキギターの収録です。

写真 1 (5).JPG

弾いていらっしゃるのは藤澤さんです。

写真 2 (5).JPG

珍しい位置で演奏していらっしゃって、私はこっそりと見守っておりました。

エレキギターの音を聞くと、ドラゴンボールの色が一層濃くなっていくような気がしました。
それはテレビで放送されていたドラゴンボールの主題歌、音楽の影響からだと思います。

最近ふと、長く続く作品ほど元の形を保ったままではいられないのだなと思いました。
監督やスタッフ、出演者、アニメだったら声優さん達は、時と共に年齢を重ねていきます。同じ人でずっと続けていくというのは、とても難しい事です。
そんな事を考えながら、「ドラゴンボール」の音楽が「住友紀人」になる様子を見ておりました。
今までのドラゴンボールの音楽とはまた違う雰囲気が出ており、ファンの皆様には賛否両論あると思います。
でも最終的には楽しんだものがちなのです。なんせ17年ぶりの新作なんですから!
映画でしか味わえない興奮と共に、住友の音楽も楽しんでいただければ幸いです。
劇場でぜひ、見てくださいね!

写真 3 (5).JPG

あ、それとサウンドトラックにインタビューも載っているそうです。
どんなインタビューなのか…とても気になりますね…
興味のある方はぜひお手に取ってみてくださいませ〜。

では長くなってしまいましたので、この辺で。
それにしても、ドラゴンボール何回見に行こうかなぁ。

以上スタッフ、ロクでした。

スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
ロクさま、お誕生日おめでとうございます。
ところで、サウンドトラックに載っているインタビューというのは、素敵な写真があるページの太文字のところですね。
  • パランセ
  • 2013/05/03 8:21 PM
Add Comment









PR
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM