<< 『Tomo’o Tsuruya’s trYst』 レポート | main | 駆け回る9月 in徳島 >>

スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

『プラチナタウン』収録現場レポート 〜前編〜

2012.07.31 Tuesday | by staff ロク


どうもどうもー。スタッフのロクです。
先日から急にアクセス数が延びてきております。アシュラの影響ですかね?
池澤プロデューサーさんも海外の映画祭へ駆け回っているようで、ツイッターを拝見している限りかなりお忙しそうです。
前売り券も発売しましたし、今後も情報に注目ですね!

それとつい先日、8月から始まるドラマの収録に行ってまいりました。
情報も公開されているので、いつもより早目にレポート公開させていただきますよ!

収録当日、天気は晴れ。
真夏の太陽が照りつける中、急すぎる坂道を汗だくで歩いていました。
久しぶりに最後までいられる現場とあって、意気揚々と向かっておりました。

収録するのは、8月19日から始まるWOWOWのドラマ
『プラチナタウン』
楡周平さんが原作の人間ドラマです。
主演は大泉洋さんで、主題歌は福山雅治さんと豪華!
他のキャストの方もかなーり個性派です。



あ、左上にテルマエ・ロマエのストラップが!(笑)
住友とゆかいなスタッフの皆様はおそろいでつけておりました。
そしてみんな手がもげているという…

始まってすぐ、住友が「俺、サクセスもの苦手なんだよね」と発言
え!…え!?
とひきつった笑顔で動揺していると、どうやら音楽をつけるのが苦手、という意味だったようです。
え、そうかな…
と思った画面の向こうの皆様。
思い返してみてください。住友が作曲してきた作品の数々を…
きっと皆様深く目を閉じて理解してくれたと思うので、私からいう事は何もありません。

収録はもちろんストリングスから!



いつも演奏してくださるセレブの皆様。
もはや時間が巻いて終わるのはあたりまえでございます。

そして次の収録に向けて準備中…



住友がふと「志村けんのネタでうーって言ってるおじさんいるじゃん?」と言いました。
スーパーへ買い物に行った時、そういったおじさんに実際に出会ったそうです。
そうして和やかに会話をしておりましたが、私はただただスーパーへ買い物へ行った事に対してツッコミたかったです。

その後、今後のお仕事についてのお話を聞いてとてもわくわくしました。
やまちさんが書いてくださっている徳島の事ももちろんですが、あんな作品やこんな作品の音楽もしますよー!
早くお知らせしたいのですが、大人の事情でお知らせできません。
えらい人がOKを出してくださったら、すぐに皆様にお知らせしますのでお待ちくださいね。
ちなみに住友は9月はこれまでの人生の中でもかなり忙しい、との事でした。

ではレポートに戻りまして…ストリングスが早目に終わった為、ソプラノサックスの収録に入りました。
もちろん演奏者は



住友紀人、本人です!
これもあっという間に収録が終わってしまいました。
収録のタイムスケジュール失敗したな…と呟いておりました。

そしてちょっと長めのお昼休憩。



ケータリングです!いつもおいしくいただいてます(何もしてないけど)
そして後程、このケータリングが後ほどある話題へつながりました・・・



ちょっと長くなってしまったので、久しぶりの二分割構成で!
次回の更新まで少々お待ちくださいませ〜。


スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
はじめまして。
先月12日放送の東野圭吾ミステリーズ第2話、坂口憲二さんの回の番組冒頭の曲に関する質問です。
たまたま先月のこちらのコメント欄に似た質問があり、住友さんのメインテーマとのことでしたので、視聴をできるところで聞いてみたところ、私が思っていた曲と違っていましたので、お聞きしたく書き込ませていただきました。

番組がはじまり、出演者の名前がでたり、りんごが転がっていたりしているシーンで、事件の始まりのシーンが続き、タイトルが出て、CMになりました。
この部分の曲なのですが、音楽配信サイトにある、「東野圭吾ミステリーズ オープニングテーマ」とは違う曲でした。
タイトルや収録CDなど教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。
  • CHINA
  • 2012/08/10 5:16 PM
コメントありがとうございます。
住友から返答が下記になりますので、読んでいただければと思います。

『今回僕が担当した中井貴一さんのナビゲーションパート以外に使用された音楽、その殆どはいくら使っても著作権が発生しないライブラリーで、多くは若い作曲家などが楽曲の印税など権利を主張しない代わりに1曲いくらで業者に提供したもの。そのため一般に出回っているものではなく、仮に手に入ったとしても作家の名前等は一切記載されていません。お力になれなくて残念です。』
  • staffロク
  • 2012/08/11 8:07 PM
おはようございます。
ごていねいなお返事をいただきましてありがとうございました。

とてもインパクトのある使い方の音楽でしたので、何か有名な曲なのかと思いお伺いしましたが、そのようなこともあるのですね。。。
曲名が分からず、残念でしたが、ごていねいなお返事を頂き、感激しております。
これからもますますのご活躍を期待しております。
ありがとうございました。
  • CHINA
  • 2012/08/13 10:25 AM
Add Comment