<< 『ニュースJAPAN』収録現場レポート | main | 『尾根のかなたに』収録現場レポート >>

スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

徳島県立総合大学校奨励賞交付式記念講演

2012.11.04 Sunday | by やまち/山本光春
これが 今年最後の帰省となるのでしょうか、住友は10月31日の丑三つ時に江戸から早駕篭(はかご)に揺られてボーゼンとした表情で帰ってまいりました。

その日の午後、四国大学の田村典子ときめきルームでの2013年度版「母子慕情」(3/24に2回公演)に関する打ち合わせに参加。

t.s.y.会談
「母子慕情」の総合演出家兼主演の田村典子さんと音楽監督の住友、そしてわたくしが三者会談をいたしました。

今回の公演では住友ファンおなじみの高瀬”makoring”麻里子さんが初出演し何曲か歌を披露することが決定。その歌の作曲はもちろん住友、作詞は不肖山本が担当することに相成りましたので、住友の帰省にあわせての緊急会議が挙行されたのであります。

高瀬+住友+山本といえば、かの知る人ぞ知る未曾有の名曲徳島県立総合看護学校校歌『奇跡』」(音質劣悪ながら看護学校HPでお聴きいただけます)を創りあげた伝説のトリオの再結集でありまして、さすがにどこから聞きつけたか徳島新聞から岡田麻衣記者がときめきルームに転がり込んでまいりました。

t.s.と徳新岡田
岡田記者(左)渾身の取材記事は後日、徳島新聞紙上にて大々的に報じられるはずですのでどうぞご期待ください。

日付替わって11月1日。

総合教育センター正面
徳島県は板野郡板野町に屹立する徳島県立総合教育センターにこれまた駕篭かき人夫のか声も高らかに早駕篭を走らせたどり着きました。

総合教育センター看板
早朝からすでにこのような立て看板が設置されておりますが、読んで字のごとくであります。

この教育センターでは、平成20年に「徳島県立総合大学校『まなびーあ徳島』」が開校され、膨大な種類の講座が開かれており多くの県民の方々が年齢を問わず学んでおられます。

単位の取得状況に応じて奨励制度が設けられており、このたび本年度の奨励賞の交付式にあたり、名誉ある記念講演の講師として住友が選ばれたのです。

住友と来島アナ
当日の司会をされた来島(きじま)絹代さんと打ち合わせです。「稀代の辛党」住友が徳島の銘菓を遠ざけてブラックコーヒーのカップを死守しております。

講演@教育センター
ご高齢の聴衆が多い中、みなさまの反応を伺いつつ、小一時間お話させていただきました。

教育センター観客
「何をするにもまずは自分が楽しむ」という人生観を「エンターテイメント」というキーワードで解説しましたが、とても温かく受け入れられたようです。

教育センター演奏
HumaNoise公演で当ブログデビューした住友の高校同窓生にしてフシギ系ピアニスト永岡”ビッケ”律子さんを相方に迎え佳曲「To You」を演奏。

住友と永岡
住友との「共演」は9月の名西高校同窓会の余興以来という永岡さんでしたが、さすがに今回は300余名の聴衆を前にするということでかなり緊張されておりました。しかし、そこは南屈指のフシギ系、見事に大役を果たしました。

そういうわけで住友の帰省ラッシュもこれで一段落ということになりました。

11/11(日)あわぎんホールの「野上彰の世界」では住友が指導させていただいた合唱の発表がありますが住友本人の参加はございません。

来年は2月恒例となりましたジャズフェス(2/17)、3月には既述の「母子慕情」が共にあわぎんホールで行われます。


さて今回、総合教育センターで懇切丁寧に住友の担当をしてくださいましたのが、奇遇にもボクとは小中学校9年間の同級であった藤川卓司くんでありました。

山本と藤川
現在は当センターで生涯学習課学習情報担当班長を務めている藤川くん。徳島の男性コーラス界の重鎮としても知られています。

その藤川くんが「あ、曽我部と薮内もおるけん呼んでくるわ」と言い残し去って行ったと思ったらほどなくしてそのふたりがフツーに登場。

山本曽我部薮内
左が教職員研修課専門研修担当指導主事の曽我部裕司くん。右が同課情報教育担当指導主事の薮内彰人くん。共にボクとは中学校の同級生です。

曽我部くんのちょっとスカした感じ、薮内くんのベビーフェイス....。
ちょっとした顔の表情が34年前といっしょでホンマにコワいくらいです。

で、話がここで終わらないところが住友ワールドの恐ろしさ。

来島アナと打ち合わせ中の住友がふいに薮内くんに「あぁ〜久しぶりぃ〜」って、なんと学校の同級生だとさ。ぎゃふん(=昭和40年代に死語認定)。


というわけで、住友が帰省せんからってやまちブログが早めの冬休みに入ると思ったら大間違いでっせ。

年末までにもう1本、面白い記事をアップする予定ですのでご期待願います。

これを読んでるすべての住友関係者各位。

ひと言コメントするくらいの暇(いとま)はあるであろう

あなたのコメント待ってます。


スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
住友さん、やまちさん 関係者の皆々様方!

先日は大変お世話になりました。

又、奨励賞受賞された方々本当におめでとうございました。
県知事さんも来られて300席超満席、立ち見ありで、まなびーあ徳島大盛況でしたね。

住友さんの講演では、一つ一つ誠実に向き合い行動されてらっしゃる、お人柄の良さに感動いたしました。トークディスカッションにおいても会場客席からの多数の興味深い質問に、的確にご自分の考えを述べられてるお姿見ていて、すごいなって尊敬いたしました。

演奏では、本当に緊張しました。
住友さんと一緒に舞台に立てる貴重な機会を与えていただきありがとうございました。

次はやまちさんの番ですね!母子慕情まこりんの歌詞楽しみにしてます。

フシギ系ピアニスト







  • フシギ系ピアニスト
  • 2012/11/07 7:54 AM
フシギ系ピアニストさま

当日は早朝から準備されてほんとうにお疲れさまでした。

これからもよろしくお願い申し上げます。

作詞なんとかやっております。激励ありがとうございます。
  • やまち
  • 2012/11/07 9:29 AM
やまちさん、いつもこのブログで楽しませて頂いています。

奨励賞交付式記念講演は、仕事で行く事が出来ず、住友さんの講演、永岡(ビッケ)さんとの演奏を聞けなかったのがひじょ〜に残念です。

今度は、母子慕情でやまちさんが作詩を担当するとか。詩が加わるとどんな母子慕情になるか、期待しています。
  • とみー
  • 2012/11/07 10:36 PM
とみーさま

毎度コメントありがとうございます。

木曜のお昼でしたからね..
行けなくて残念という方は少なからずいらっしゃいます。

永岡さんがステージでマイクを向けられて「ミミさんは(何の注釈もなしにこう言うところがフシギ系のフシギ系たる所以か)高校のときから音楽のレベルが違ってました」と発言してましたっけ。

作詞がんばります!
  • やまち
  • 2012/11/08 9:04 AM
二ールズ先生からコメント

I saw Humanoise Project at Yatsura jinja, and they were amazing! I wish I could have seen this event too!

です。
  • フシギ系ピアニスト
  • 2012/11/09 8:01 PM
フシギ系ピアニストさま

あの八面神社でフシギ系ピアニストさんのそばにいらっしゃった
金髪の男性の方ですね。


Dear Niels

Thank you for your nice comment!

Hope to see you SUMITOMO's event next year!

  • やまち
  • 2012/11/09 9:22 PM
看護学校校歌「奇跡」☆メロディーも凛とした歌詞も透き通る歌声も素敵で大好きです!!
「母子慕情」の楽曲も素晴らしいものになると
今からワクワクしています。楽しみです!!
  • まゆりん
  • 2012/11/09 11:50 PM
まゆりんさま

3連投ありがとうございます!

スミトモ・ワールド、ぜひ体感してみてくださいね。
  • やまち
  • 2012/11/10 8:34 AM
見たぞ!
  • あさいせろう
  • 2012/11/15 2:23 PM
あさいせろうさま

ひと言ありがとうございます!
  • やまち
  • 2012/11/16 10:14 AM
Add Comment









PR
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM