スポンサーサイト

2014.01.05 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

ご来場ありがとうこざいました。

2011.03.19 Saturday | by staff hikari
こんにちは、スタッフHikariです。
18日の『矢幅歩@晴れたら空に豆まいて』ライブにご来場くださったみなさま、
応援してくださったみなさま、どうもありがとうございました。


気心知れた仲間との演奏。
ミュージシャン達も、やはり感じるものがあったようです。
震災直後ということで、本当にライブが出来るだろうか、
という思いもありましたが、
こんな時だからこそ、あえて普段通りに生活してみることを提案したい。
私たちが元気を出すことで、また、元気を与えることで、
少しでも復興の手助けが出来たり、音楽で人々の心を癒やすことが出来れば、
と願ってライブに臨みました。


リハーサルの模様。
もちろん店内は目にやさしい節電モードで。
メンバーいわく、譜面が見えているようで見えていない(?)照明。


DSCF0624.jpg


炸裂した住友saxソロ!

DSCF0638.jpg


ドラマ『アンフェア』の中から、The path finderも披露。
メロディーに矢幅氏が詞をつけて・・・
あたかも別の曲に聴こえて新鮮!
個人的には、ドツボでした。

以下、本番の写真です。



IMG_5115.JPG



IMG_5100.JPG







IMG_5069.JPG



IMG_5306.JPG



IMG_5176.JPG



IMG_5017.JPG


矢幅歩 vo
住友紀人 pf,key,sax
西山史翁 gt
金森佳朗 b
鶴谷智生 drs

stage photo by satsuki


無計画停電(住友談)が大うけの西山HANK氏は、
闇夜にひときわ輝く、癒しのオアシスなのでした。

DSCF0658.jpg


余談ですが、
昨日の月はいつもより大きく、強く輝いていました。
皆さんはご覧になりましたか?

19年ぶりに地球と月の距離がもっとも近づく
エクストラ・スーパームーン。
通常の満月よりも、13%ほど大きく見える、
今年一番大きな満月だったのだそうです。


世界中の人々の祈りが、どうか被災者のみなさまに届きますように。

3/18 矢幅歩ライブについて

2011.03.16 Wednesday | by staff hikari

こんにちは、スタッフHikariです。
まだまだ余震、原発事故、停電・・・と不安は募りますが、
私もいま出来る精一杯のことをしたい、と思います。

3月18日のライブは、決行未定ではありますが、
ミュージシャンは皆思いを強く持っています。



矢幅歩

3月18日(金)Live@代官山 晴れたら空に豆まいて

"Here tonight"
http://youtu.be/Pe6Ud90ZdUE


聴きたいというひと全てにお届けしたい。
こんなときだからこそ、普段通りに過ごすことの大切さを・・・(矢幅さんより)


被災地の皆さんにも思いが届きますように。
決して目に見えなくても・・・

それが音楽を生業とする者の使命、そして喜びなのではないでしょうか。

ライブの有無につきましては、こちらでまたご報告させていただきます。


住友先生、お疲れ様でした!

2011.02.10 Thursday | by staff hikari

昨日は、桐朋学園芸術短期大学ステージクリエイト専攻、
6期生卒業制作『めぐる』の公演でした。

http://www.toho.ac.jp/college/news/scevent_20110209/index.html












同専攻で教鞭を取っている住友も、音楽監督として参加。
今年度限りで退任、ということもあり、
この公演は、住友にとっても記念すべきものでした。

実は私も同専攻の卒業生であり、
後輩の活躍をとても楽しみにしていたのです。

ゲネのため少し早めに劇場入りすると、
突然、キラキラした学生がやってきて、
全員の寄せ書きとプレゼントが手渡されました。

「後でトイレで泣くからね」、と
住友先生、とても嬉しそう。

(ここでスタッフHikari大失態。なんと写真を撮り忘れる。)


企画制作から広報、運営、演出、舞台監督、美術、照明、音響、映像、記録・・・
すべてを学生たちで創る、学生時代の集大成がこのイベントなのです。

今年はピアノコンサート。
出演者はピアニスト西村由紀江さん
声優の伊藤美紀さん、
ダンサーの小嶋亜衣さん、浜手綾子さん。


西村さんはこの企画を持ちかけられたときに、
学生たちが西村さんの30枚以上あるアルバムを、
一曲残らず聴いてくれたことに心打たれたそうです。
学生のリクエストに応えて、
実に20年ぶりにご自分のオリジナル曲も弾かれました。

西村さんの、温かみと力強さのある表現力豊かなピアノの音色と、
季節の移ろいを感性豊かに表現する伊藤さんの朗読、
しなやかに美しく舞台を舞う、小嶋さんと浜手さんの踊り。
そして心地よい効果音。
静かでゆったりと流れる空間で、それぞれがマッチしていました。





マイクの位置や音響スタッフへの指示等、気が気ではない様子。
後ろからやさしく見守る住友先生も、
実は、手に汗握る思い!

「手すりが錆びるかと思ったよ。」



最後に記念写真!



左からステージクリエイト専攻・上尾先生、西村由紀江さん、住友。

西村さん、お美しい〜。
あえて顔の大きさには触れないでおきます。(笑)






ひとつの作品を創り上げる苦労や葛藤・・・
しかし、同時に、喜びは計り知れないものがあります。

後輩達の頑張りに拍手。
これから、世に素晴らしいクリエイターがたくさん生まれますように!
私も初心を忘れてはいけない、と再認識させられました。
皆さん、お疲れ様でした。
そして、住友先生、7年間お疲れ様でした。

その後、間近に迫ったレコーディングの打ち合わせをしながら、
夜空を仰ぎつつオフィスに戻ってまりました。